07
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈りが通じた時

こんにちは。
ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェル・イントゥティブ(R)ステファニー澄香です。

ブログの更新がなかなかできませんでした。
実は...
家には2匹のニャンコが居てるのですが、
そのうちの1匹のニャンコが
7月29日の夜から行方不明になっていて
先日、8月20日、23日ぶりに無事に見つかったんです!

ニャンコは毎朝、私の目が覚めるのを2匹揃って枕元で待っています。
起きたら「ごはんちょうだい~」と言って甘えるのが日課です。

でも7月30日の朝は違いました。
ニャンコが1匹しか居ないんです。

しばらくすると何処からかスゥーと出てきてご飯を食べる。
そんな事がたまにあるので、この日もそうなんだと思っていました。

だけど...いつまで経っても出て来ない...
家中探したけど見つからない。
もしかしたら。。。。

前日の7月29日の夜に長男が晩ご飯を食べに来ていました。
部屋で家族と一緒にニャンコもいました。
長男が帰る時に玄関扉が、マットに引っかかり数㎝空いているのに気がつきました。

でも、長男が帰る少し前までニャンコ2匹とも傍にいたので
まさか出て行っているとは思っていませんでした。

でも。そのまさか..が起きたのです。

信じられなかった。
居なくなったニャンコは人(?)一倍臆病で警戒心の強い子。
その子が3階から階段を降りて何処かへ行ってしまうなんて...。

直ぐに探しに行きました。
でも何処にもいません。

ずっと家ネコだったので、万一外に出ても遠くへは行かないはず。
みんなで必死になって探しました。

だけど何処にもいない。
もうこれはニャンコを信じて待つしかない。
と言う気持ちと
もしかしたら11才なので自分の死期を諭して出て行ったのかも...。

いろんな事をかんがえました。
でも、どうしてもニャンコが死んでしまったとは思えなかったんです。

「あの子は必ず帰ってくる!
元気で無事に帰ってくる!」

それしか思えなかったんです。

それからは毎日必死で探しました。
時間の許す限り、夜、夜中、朝方と家の周辺をくまなく探しました。

そして祈りました。
ラファエル、アリエル、ミカエル、チャミエル、たくさんの天使たちに
マリアさまやイエスさまにも
「どうかあの子の身の安全と無事に家に帰って来ますように☆」と。

8月のある日、ある信頼出来る方にニャンコの事を尋ねてみました。
そしたら!
「澄香さん!この子生きていますよ!まだ暖かい!」と言って
専属のセラピストさんを呼んで見てくれました。
(この方は妖精の力が強く、以前何度も私の自宅に遊びにきてくれていたので
ニャンコとも面識があり、ニャンコをリーディングしてくれた事があるんです。)

「あぁ..土を踏んでる感触が伝わって来る。
やっぱり外に出ちゃたんだね。
シューとした草の中を歩いているよ..
大丈夫!生きているよ。」

そう言って二人でニャンコの事を観てくれました。
昼間はコンクリートなどの日陰で休んでいる、
夜になったら移動している。
でも、怖くてお家が解らなくなってしました。
早く見つけてあげないと、このままでは命が危ないこと。

その時ある方から頂いたアドバイスは
「澄香さんの祈りの力は強いです。
祈ってください。
信じてください。
必ず奇跡はおこりますよ!
澄香さんなら奇跡を起こせます!」
そう言っていただきました。

それからは絶えず祈りを捧げるようにしました。
「あの子は無事に元気で家に帰ってきました!ありがとう」

その反面..「もしかしたら駄目かも..」と思う時もありました。
でも諦めたくなかったんです。
「生きている」としか思えなくて..。

必死に祈り、信じてまちました。

そしたら!


長いので次に続きます。







スポンサーサイト
Secret

プロフィール

加美山 隆子

Author:加美山 隆子
はじめまして。
加美山 隆子です。
2010年にドリーン・バーチュー博士公認Angellntuituveとなりました。

天使やフェアリーたちと日々、不思議な体験をしながら楽しく生活しています。
日常のなにげない出来事や、ペットの愛ネコちゃんの事なども書いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。